メインページ インデックス

漫画劇場

単行本未収録漫画作品の中から精選して大特集。 SF、ギャグ、体験取材、パチンコ、麻雀…… こうしてみるとデビューしてから随分漫画を描いてきたんだなあ。 今年こそ本気を出すぞ!   トピック別インデックス 【漫画 […]

僕の描き方

デジタル漫画がどうやってできるのか意外とみんな興味あるみたいなのでここで公開してみようと思います。 ここで書かれた方法はおもに一〇年前のもので、それ以降どんどん変えています。 最近はデジタルに見えないように作るのがデジタ […]

アトリ絵

のぞむ画伯が若かりし頃から現在に至るまで描き続けている絵を紹介いたします。 将来はかまち美術館とかhide MUSEUMとかギュスターブ・モロー美術館とかに並び称される美術館をつくることができたらうれしいです。 あと片岡 […]

自己紹介

鬱な雰囲気のひとは女性にモテると勘違いしていました。 本当は陽気な僕です。 上の写真は、池袋で警察の職務質問を受けた後「俺の格好のどこが怪しいねん!」と友人に尋ねるため撮影したものです。 どこが怪しい? 松田望のこと 生 […]

備忘ログ

あんなことこんなこと、本や映画や夢や食べ物のことなど、様々な日々の出来事を記ログしています。 数年前から物忘れがひどくなってきて、何でもかんでもメモしないと不安になってきました。 ここは僕の第二の大脳皮質、記憶を司る場所 […]

お知らせ

  • 連絡先:メールアドレスはこちら
    nozonder■@gmail.com(■は送るときに消して下さい)
  • お仕事募集中

    漫画、イラスト、体験取材……頼まれたら常識の範囲内で何でもします!
    夜中に縦笛だって吹いちゃうよ!

  • 漫画モデル随時募集中

    松田望は写真を撮影して実写風の漫画描いています。
    漫画モデルを男女問わずさがしています。
    関東近辺で漫画に登場したいというかたはメールでご一報ください。

    ↓こちらを参考にしてください。
    http://matsudanozomu.com/?p=20049


【日記】17年03月22日(水) 体重65.2kg

七時起床。
朝、パソコンのデータ整理。
正午に家族で家を出て、寺へ向かう。

一三時半から一四時過ぎまで葬式。
●の棺桶に花を入れる。
家族みんなが泣いている。
僕は悲しみの感情より、生前自分が●に対して無関心だったこと、意地悪をしたことなど思い出して罪悪感でじくじくと心が痛み……涙どころではない。
火葬場へ向かう。
台車に載せられた棺桶が炉の中へ入っていく。
二時間ほど待ってから一六時四五分より納骨。
人生で何度経験しても納骨に慣れることができない。
さっきまで人間の形をしたものが、白い骨に変化していることの非現実感にぼんやりしている。
三日前まで動いて声を出していてあたたかさを手で感じることができたのに。
骨に達した病気の影響で脊髄が変色してねじ曲がっている。
身体の真ん中がこんな状態だったらさぞ痛かっただろうに、僕はわかってあげることができなかった。他人事として見ていた。
バラバラに砕いた骨を箱に入れる。
人間どんなにもがいても何をやっても最後はここに至ってしまうんだと思うと無力感で茫然としてしまう。

火葬場からまた寺へ向かい、骨を預かってもらう。
一八時に近所のレストランに入り食事。
一九時頃帰宅、のろのろと明日帰京する用意をしている。
二三時布団に入るがなかなか眠ることができない。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月21日(火) 体重65.2kg

とばっちりをうけた弱虫ペダル

外は雨……シャーというノイズのような落滴音を聞きながら半覚醒でうとうと……姉のことを考えている。
目覚ましの時刻を間違えて朝寝坊、八時半起床。
部屋を片付けたり、自宅から持ってきた仕事をしたり。
礼服ネクタイを買いに出たり。
喪服がないので、父の服を借りる。

一六時から一七時半頃まで近所のお寺で●の通夜。
●の棺桶の中に弱虫ペダルのクッションが入れてあったことに驚き(●はそもそも特定のアニメを観たりしない)、由来を両親に尋ねる。
父「腰が痛いと言ってたから近所のリサイクルショップで買ってきた。あいつ、気に入ってベッドでずっと使ってたから入れてやった」
腰が痛いと言い出したのはせいぜいもって、ここ二ヶ月ぐらいのこと。
母「全然気に入ってへんから使ってなかったで。何で入れてんねんと思ったわ」
父「いや気に入ってたやろ〜」
話の雲行きが怪しくなってきたので話を打ち切る。

夕食後、弟とずっと●のことについて話している。
自分たちがいかに●に無関心だったか、ということ。
もっと●と話をしていればよかった、ということ。
家族五人で旅行した思い出が小学校より後にはない、ということ。
こんなことになるとわかっていたなら近くでいいから家族五人で旅行しておきたかった、ということなど。
この数日間ウェアラブルカメラで(主に●を)連続撮影した何百枚という画像を一〇〇枚前後にまで整理し、家族共有のiCloudにデータを送る。

午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月20日(月) 体重64.4kg

枕元の目覚まし、セットする時間を間違えて朝寝坊、八時半起床。
下のリビングに降りると、●が胸が痛いと泣いて大騒ぎになっている。
早めに病院に連れていこうとして母がかかえると
「(母は)怒るからいや。(一緒に)来んといて」
と●が言い、
「必死になって面倒見ているのに何や!」
と母は怒っている。

両親は●を病院へ送っていく。
僕は部屋にこもって溜まった日記を書いてブログ更新、及び自宅から持ってきた仕事(ただし手に付かない)。

━━━ここまで午前中に書く━━━

実家に誰もいないので、近所のすき家で昼食。
一四時半頃●の容態が急変したとのこと、父が車で僕をピックアップして病院へ向かう。
一五時過ぎ病室に入ると、●は呼吸を荒くしてもだえ苦しんでいる。
ここ数日言葉が聞き取りにくかったので、●と筆談で会話していたのだが、
時間を尋ねたり父を呼んだり最後は声をだす力もなくし紙と鉛筆を渡し「(私が思っていること)書いて、書いて……」
と訴えていたとのこと。

いよいよ危なくなったので家族全員が病院側の説明を聞くため病室を出る。
僕ひとりが病室に残って、●を看ている。
●の手を握りながら落ち着くように「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマソングを歌う。
肩を撫でる。
●はもはや目を閉じることすらできず半開きの状態で、うめき声を上げながら肩で息をして、もがくように身体を右に左によじらせている。

病室に家族が揃って●を囲む。
●の呼吸は次第に小さくなっていく。
「今晩がヤマやなあ」
などと家族で話している。
点滴を替えるため入ってきた看護婦さんが、●の様子をみて顔色を変える。
「息をしてませんよ」
皆が話している間とっくに●は力尽きていた。

家族みんなが泣いている。
「最後は気づかないくらい安らかに逝ったからよかったと思おうよ」
と僕は言う。
一八時二五分、医者が死亡確認。
身体を綺麗にして死化粧をしてもらい、●を寺へ運ぶ。
(追い立てられるように病院を出る)
葬儀業者と葬式の手続きについて話し合ってから二一時頃帰宅。
二三時就寝。

わかっていたこととは言え、
自分が故人にできなかったこと、してしまったことを考えて思い悩んでしまう。
後悔を繰り返さないためにもこれからの人生をよりよく生きたいと思う。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月19日(日) 体重64.8kg

目覚めると僕のベッドの横の床で、実家に出張で帰っている弟が寝ている。
弟に気を遣って何もせずベッドの上でボーッとしていると眠くなって二度寝してしまい、一〇時起床。
弟は仕事に出てしまった。

リビングに降りて●に話しかけるが、目も合わせてくれない。返事もない。
肩を叩いたりして声をかけるが、お腹の痛みで硬直したまま表情を動かさない。
硬く眉間に刻まれたしわをよく見ると震えている。
「何かしたいことがある?」
「してほしいことは?」
反応がない。痛みに意識が支配されて考えることができないみたいだ。
あれだけ感情豊かだった●が会うたびに人間性を削ぎ落とされていく様子を見るのがつらい。

夕方、仕事に出ていた弟が荷物を取るついでにまた実家に寄る。
そのついでに弟と話す。
●のこと、両親のことなど自分が育った家庭のこと、恨んでいるかと思ったらそうでもないようで、
「こいつ、俺より人間で来ているな」
恨み節だよ人生は♪であるところの僕(兄)よりよっぽど人間ができていて感心する。
夕食を一緒に食べてから弟は家族の待つ自宅に戻る。

●は朝から呼吸することが苦しくなったようで言葉を発することすら出来なくなった。
身振り手振りで「胸が苦しい」「息ができない」と訴え、家族総出で胸や背中をさすっているが何の改善も見られない。
母はとうとう怒り出して「ちゃんと言え」と怒鳴りつける。
すると●はメモ帳に「いたい」と書く。
「痛いのはわかってんねん! どうしてほしいねん!」
●はこわばったような表情、ずっと背を曲げて胸を腹を押さえて泣いている。

見ていられず自室に移動。
DVDで映画鑑賞、なかなか集中できない。
二二時半ようやく鑑賞を終えて読書……集中できない。
内容が頭のなかに入ってこない。
午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月18日(土) 体重65.6kg

二時四五分起床。
身の回りの用意をして四時前に家を出る。

時刻表をにらみながら、何と「たった九時間半」で東京の自宅から大阪へ到達できる、鈍行の乗り換えスケジュールを練ることに成功する。
ところがしょっぱなの乗り換えで、三分以内に池袋駅で西武池袋線からJR山手線ホームへ向かってに鬼ダッシュ、ホーム白線前ですっ転び目の前で扉が閉じ……全てがぱあ。

今日は三連休の初日だからかいつもにも増して電車が混んでいる。
強打した膝が激痛なのに座れず立ちっぱなし。
フラフラになって一四時頃高槻駅に到着、痛む足を引きずりながら実家へ向かう。

一五時頃自宅に到着、リビングにベッドが置いてあって●が寝ている。
●に声をかけるが反応がない。
せっかく、東京から遠路はるばる駆けつけたと言うのに。
移動疲れで自室にこもってぼんやりしている。
一八時に夕食、●はうつむいたまま苦しそうな顔をしている。
何か話しかけてくるがちゃんと聞き取れない。
(おそらくメールに返事ができなくてごめんねというニュアンスのようなこと)
せっかくの上等な牛肉のしゃぶしゃぶなのに、●は食べ物の匂いを嗅ぐだけで気持ち悪くなるみたいで、ひと口かふた口入れただけで胸を押さえて苦悶の顔で硬直している。
いくら話しかけても「いたい」しか意味のある返事がかえってこない。
そんな●に母がイライラし出す。
いたたまれなくなって自室に移動、疲れたので何もせず二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月17日(金) 体重64.2kg

六時起床。
朝八時に家を出て、自転車で練馬の耳鼻科へ向かう。
スピード上げて冷たい空気を突っ切るのが心地いい。
一一時過ぎに診察が終わり急いで移動、一一時一五分からユナイテッド・シネマとしまえんで映画鑑賞。
『モアナと伝説の海』

一三時過ぎ、会場を出て帰宅。
明日帰郷するための荷物を用意している。
一五時過ぎ実家へ送る荷物をコンビニで出し、光が丘図書館で本の返却貸出後、公園を散歩。
公園売店前で串焼き団子を食べる。
駅前のショッピングモールで買い物して帰宅。
明日の用意などしていると時間が過ぎていき二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月16日(木) 体重64.8kg

六時起床。
去年と一昨年ぶん合わせて二年分の確定申告作業。
午前中、領収書を選り分ける。
午後からエクセルでパソコンに打ち込む。
昼過ぎ、気分転換に外へ走りに出る。

一五時一九分より光ヶ丘公園を二九分ジョギング。
曇り空、寒い、最近太り気味で身体が重い。
Pär Lindh Projectのアルバム『Gothic Impressions』を聴きながら走る。
キーボードが美しいが、バロック調のクラシックをそのままコラージュしたような、リスペクトはわかるしテクニックもあるけれど、このバンドならではのオリジナリティがわからない。

帰宅して確定申告の続き。
夕食後、とうとう確定申告という偉業を成し遂げてしまった……ADHDの自分としては始皇帝の万里の長城、伊能忠敬の日本地図作成、クフ王のピラミッドと同じくらいの快挙だと思うのだが如何だろうか。
二一時過ぎに寝室へ移動、読書して午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月15日(水) 体重64.8kg

朝がた不意に目覚め眠れなくなる。
将来のこと今のこと過去のこと……全ての時間軸のつらい出来事が走馬灯で無限回転。
宇宙が始まって終わるぐらいのつらい時間(体感)を過ごしたあといつの間にか眠くなり六時に目覚ましで起こされる。
しかしあまりのつらさに布団に潜り二度寝、九時半起床。
昨日送ったメールの返事が届いたので、昨日の腹痛騒ぎで遅れたイラストを仕上げて編集者にメールで送る。
その後は漫画下描きの続き。
自分の絵が死ぬほど下手で、不安から恐怖に変わってくる。
一五時前に外出、駅前のショッピングモールで買い物。
帰り道、白く開いた桃の花が綺麗で、立ち止まってしばし眺める。

二二時半就寝。なかなか眠れず布団の中で寝返りを繰り返している。
最後にちらりと時計を見ると午前〇時、まだ眠れない。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月14日(火) 体重64.2kg

深夜未明、胸から腹にかけての激痛で目覚める。
救急車を呼ぼうかと思うぐらい痛みが深く、長時間続く。
四時頃ようやく痛みが落ち着きまどろみ始める。
朝、近所の病院へ向かう。
原因不明なので対処療法しかできなくて不安。
医者いわく、消化器官の調子が悪いときはとりあえずどろどろしたもの例えば牛乳とか飲めって、ほんまかいな……
山ほど薬を処方してもらう。
時折胸が痛いが、調子自体は悪くないので自転車で成増図書館へ向かい本を返却貸出。
帰りがけに近所のタルト屋へ行くと、しばらく行かないうちに閉店してしまっていた。
去年のホワイトデーに押してもらったスタンプカードが最後になってしまった……

近所にあるもう一軒のケーキ屋でタルトを購入して帰宅。
夜までかかってイラスト下描きを仕上げ、確認してもらうため編集者に送る。
寝室に移動し読書してから二二時半に布団に入るがなかなか眠れず苦しい時間を過ごす。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月13日(月) 体重65.0kg

二時過ぎに唐突に目覚め、眠ることができなくなる。
真っ暗な寝室でつらい時間を過ごしたあと四時に布団から出て、シャワーを浴び朝食でお腹いっぱいになると今度は猛烈に眠くなってくる。
七時から一〇時まで二度寝。
自律神経が乱れてものすごくしんどい。
いちにち机に向かって漫画の下描き。
二〇時頃寝室に移動して読書。
二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月12日(日) 体重63.8kg

眠っている間に目覚ましを止めてしまい定刻の六時に起きることができず九時半起床。
ここ数ヶ月は定刻などなくこれが常態と化している……そして一〇時間睡眠。
午前中外出、春の匂いがそこかしこに溢れてでている。
暖かい日差し、歩道横の梅が満開。
久しぶりにサブウェイに入る。
僕からしたら小鳥の餌みたいな印象でサンドイッチ一個で満足できるわけねえだろ!と思っていたので今日はお腹いっぱいになるぐらい食べてみることにした。

朝食後、駅前のショッピングモールで買い物して帰宅。
午後ようやく一段落して漫画の下描き作業と思ったら一四時四五分に外出、光が丘図書館に寄って電車に乗り新大塚の図書館へ行ってから一六時半より池袋でミステリーの読書会に参加。
体調が悪いので会が終わってすぐ帰宅。
身の回りのことを終え二一時に寝室に入り読書、二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月11日(土) 体重64.5kg

なぜだかわからないが一晩中Europeの「The Final Countdown」が頭のなかで大音響で鳴り続け眠ることができなかった。

脳内がどろんとした常態で六時に布団から出る。
睡眠不足で意識レベルが極めて低い。
午前中溜まった日記を書いてブログにアップ。
そのあとは漫画の下描き作業。
一六時に外出、新宿世界堂で画材を購入してから四谷三丁目へ、四谷デッサン会でクロッキー。誰とも目を合わさない。
二一時に会場を出て帰宅、布団に潜り込んで読書そして二三時就寝。

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月10日(金) 体重63.9kg

九時起床。
朝イチから漫画を描くつもりがダラダラ時間を過ごしてしまう。
昼食後、光が丘図書館へ行くついでに公園を散歩して運動、帰宅ついでに買い物。
帰宅してからやっと漫画の下描き作業。
二一時に仕事を終えて寝室へ移動、読書。
一日のリズムを朝型に変えるため二三時に布団に入るが睡眠導入が非常に困難、どうやっても眠ることができず夜明けまで混濁した意識のままで過ごす。
何故かわからないが頭の中でEuropeの「The Final Countdown」が大音響で鳴り続け眠ることができなかった。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月09日(木) 体重64.9kg

六時起床。
睡眠不足で脳に霞がかかっている。
あまりのつらさに布団に戻るが、いったん覚醒してしまっているので眠いのに眠ることができない。

一〇時二〇分より病院で胃の検査。
ノドにスプレーで麻酔をかけて胃カメラを飲む。
ここ数年で一番つらい経験、何度もえずいて死ぬかと思う。
また一年後と言われたけど一年後が今から憂鬱。

検査結果は、胃は健康そのもの、ただし逆流性食道炎、五段階の三ぐらいの進行。
食堂に胃液がのぼってきて炎症を起こしているとのこと。
(八年前に胃カメラで検査したときも同じ結果だった)
僕は数年ごとに食道に胃液が上がってきて炎症を起こすみたいだ。

帰宅して午後から漫画作業、ようやくエンジンがかかりだしたと思ったら二一時……寝室に移動して読書……布団に潜っても眠れず午前一時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月08日(水) 体重64.7kg

朝寝坊、九時起床。
やる気エンジンがかからず、午前中はボーっとしている。
昼食のあと外出。
どんよりとした空、気持ちが沈む。
成増図書館で本の貸出返却。
それ以降は部屋で漫画の下描き。

今年に入って胃が痛くてずっと苦しんでいたのに、明日の精密検査を控え胃痛がなくなり元気になりすぎて、何も異常がなくて健康だったら高い金払っての精密検査がもったいない……と思い始めている。

明日は午前中に病院へ行かなければならないので、早めの二三時頃布団に入ったのだが、いつも通りなかなか眠れず布団の中で苦しい時間を過ごし午前一時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年03月07日(火) 体重64.5kg

定刻に目覚めることができず一〇時半起床……九時間も眠ってしまった!
寝過ぎで偏頭痛。
そとは冷たい雨が降っている。
漫画の下描き、一向に集中できない。
一六時過ぎ、雨がやみ外に青空が広がりだす。
外出して田柄梅林公園で梅を散策。
まだチラホラという感じ。
雨上がりの直後、水分を含んだ空気は冷たかったけれど外に出てよかった。

業務スーパーで買い物して帰宅。
二二時頃寝室に移動、読書してから〇時半就寝。

この日ほか記事一覧